スキャナーに置く紙

コピー機の値段

プリンターの排出口

コピー機は意外と高い

私は数年前まで会社の総務にいた。今は営業として活躍しているが当時は主に総務で、会社の機材をそろえるという役目を担当していた。 コピー機のリースの担当になったのだけれども、コピー機というのは色々なものがあるのだなあと当時強く思った。印刷性能の良し悪しや色をどこまで再現するか、自動で綴じられて出てくるかといった機能の違いが結構あり、業務用のものは50万〜200万といった価格帯のものが普通でこの料金は結構高いものだと思う。そこで私の会社ではコピー機のリースを利用していた。大体の料金の相場は月に15000円ほどの基本料金を払い、それから1枚1,2円だとか、カラーだと2,4円くらいを支払うのが一般的な料金だったと思う。

リースを利用するメリット

リースを利用するメリットとしてはとにかく楽だということだ。メンテナンスやトナーの交換など面倒なことをしなくて良いというのはとてもいいことだと思う。また故障した場合、リースであれば無償で交換というものが多い。新品を100万円ほど出して購入したとしても故障してしまったら修理に何万円もかかるというのはよく聞く。リースは故障しても心配せずにコピー機を交換することができる。 ある程度の大きさの会社であればコピー機を一括で購入して割引などをきかせるといったことも可能であるかもしれないが、コピー機は数台で十分というような会社の場合ではコピー機はリースするのが快適であるし故障のリスクを負わなくて済むのでお勧めだ。

書類問題を解決しよう

コピー機を利用する人

コストがかかるばかりか管理も大変なのが書類です。そんな書類問題を解決するにはペーパーレス化を実現するのが一番です。コスト削減、問題解決を目指すなら検討してみる価値ありです。

詳細を読む