スキャナーに置く紙

便利な機械

コピー機の読み込み口

効率的にコピー機を手に入れる方法

プレゼンで使用する書類をコピーしたり、特定の情報を社内で共有するために、コピー機は何より大切です。メールやデータ文章は送った後にきちんと読んでもらえるか定かではありませんが、コピー機で作成したアナログ文章はじかに手渡しますので、きちんと読んでもらう事が可能なのです。 一方コピー機はオフィスのスペースを占めるものであると同時に、大変高価な精密機械です。後々転居する可能性がある場合、購入するよりもリースで用意した方が遥かに効率的です。 コピー機をリースする場合、一月にかかる費用はおよそ12,000円〜18,000円ほどが相場です。何ヶ月リースするのかによって割引がきく事もありますので確認してみましょう。

リースだからこそできる事

一般的にコピー機のリースは年単位で借りる方が多い現状があります。年単位でリースした場合、一年で28,000円から貸し出している会社もありますので、大変お得です。 近年のコピー機は長足の進歩を遂げており、多様な製品が販売されています。常に新しい製品をオフィスに置くためにも、購入ではなくリースが大切なのです。リースであれば最新コピー機を取り揃えている場所がありますから、常に新しい機材を低価格で借りる事が可能です。 ちなみにリース製品は保険が利く事があります。万が一リース中にコピー機が破損したり、盗まれる危険性を考えた場合、そうした制度をきちんと揃えている業者から借りるようにしましょう。特に近年はいつ大型地震が来るか分かりませんので重要なポイントです。

性能の違い

カラフルな印刷物

会社に必ずあると言っても過言ではないコピー機ですが、性能には大きな違いがあるようです。コストを抑えた導入を希望しているのであれば、必要最低限の機能だけを揃えても良いでしょう。

詳細を読む

もっと効率よく

コピーの様子

今よりも効率よく業務を進められたら良いのに、と思う時に目を向けたいのが文書の電子化です。データであれば扱いもセキュリティ面もぐんと便利になるので、今一度考えてみたいところです。

詳細を読む

コストの削減

稼働するコピー機

全て紙の書類で管理していては紙にかかる費用はもちろん、それをファイリングしておくためのファイルやバインダーに費用が掛かり、そして保存の為のスペースを必要とします。無駄を省きたい、そんな時はペーパーレス化を一考しましょう。

詳細を読む